よもや真話

気になるニュースのことなどをダラダラと

2016年10月

少し前に、ハーバービジネスというネットメディアに『いまだ根強い「本当はSTAP細胞はあった!」説がやっぱりおかしいこれだけの理由』という記事が出ていたが、そこには幸福の科学出版の月刊誌「ザ・リバティ」の記事を拡大コピーしたものを掲げる人達の写真(つまり幸福の科学信者の写真)が使われており、小保方さんを応援する人達にカルト信者のようなイメージを与えるものになっていた。http://hbol.jp/110893

 表紙から既に印象操作的なものがあるが、記事の中身の方にも同様の問題が見られるので取り上げておきたい。
 

クマムシ博士の異名で知られる堀川大樹博士が書いたこの記事は、科学リテラシーの啓蒙が主眼となっていて、非専門家がSTAP問題を正しく理解が出来ないのは一部メディアの報道によるところが大きいとして、このようなことが書かれている。
『 たとえば2016年3月に、ドイツの研究グルがープが、STAP細胞の作製に成功したという記事が出回った(参照:「ビジネスジャーナル」)。これを読んで、「やっぱりSTAP細胞は存在した」と思った人も多いだろう。』

 ところが、堀川氏が「STAP細胞の作製に成功したという記事が出回った」としてそこで参照しているビジネスジャーナルでは「STAP細胞の作製に成功した」とは報じていない。堀川氏の記事は、大宅健一郎氏の書いた記事がその流通過程で「STAP細胞作製に成功!」というデマとなって拡散されたものを取り上げた、核心を外した反論記事になっている。

 

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15081.html

記事をちゃんと読めばわかるが、大宅氏の書いた記事にはSTAP細胞作成に成功とは一言も書いておらず、論文にある酸処理後に多能性マーカーの一種であるAP染色陽性細胞の割合が増加した現象が、酸性ストレスによって細胞が初期化し多能性を示すSTAP現象と同じで、「癌細胞ではSTAP現象を再現出来た可能性がある」という言い方をしている。
 そして記事全体から読み取れる筆者の主張は、「STAP細胞の作製に成功した」という話ではなく、「日本では葬り去られたSTAP研究を継続する研究者がドイツにいた」という事実を知らせることを主眼としている。ところがそこにBJ編集者が記事にはない「STAP現象の確認に成功」という反則技の釣りタイトルを付けたおかげで、ニュースが拡散する過程で誇張され、「STAP細胞作製に成功!」という噂として広まっていたのが実態だ。

堀川氏の記事は、そうやって発生した噂を殊更に取り上げて、それに対して「それは間違っている」という論調になっている。つまり、ソースをきちんと読み込まずに堀川氏の中に形成された、実体のはっきりしないイメージに対する反論記事になっているのだ。一種の藁人形論法である。これは、昨年末に有志の会が報じたテキサス大学のiMuSCs論文について、伝言ゲームのように歪曲誇張して拡散された情報を捉えて、サイエンスライターの粥川準二が斜め上からの批判記事を書いたのと同じで、デマだと言うデマを書き立てることで、核心部分が目くらましされる形になっている。

 問題の核心は、小保方さんを窃盗犯呼ばわりまでしたSTAP細胞問題は未解決であり、STAP細胞はすべてがES細胞由来のものだとして、当時の野依理事長がSTAP研究自体が虚構とまで言った理研の結論が、間違っていた可能性があるということだ。
 
これまでにSTAP現象に関係しているとされた論文を改めて取り上げると以下の3報がある。

 

○昨年テキサス大の研究チームが発表したiMuSCs細胞は、STAP現象が部分的に再現されたものと言えるが、著者は独自の成果だと主張している。STAP論文は撤回されているため世界初の成果と言っても間違いではないが、これの前身となる論文では違う研究テーマだったものが、投稿論文で追加実験を加えてコンセプト自体が大きく転換されているのは、STAP論文の影響を受けた可能性が高い。

○ハイデルベルグ大ではSTAP論文に大いに触発され、癌細胞を使ってSTAP現象の再現を試みたが上手く行かなかった。しかし何がしかの興味深い現象を見ることは出来た。(これが大宅記事)

○ワシントン大ではSTAP現象を参考にした研究を続けて、癌細胞でOct-4GFPを発現という一定の成果を出している。

 数はまだ少ないが、これらは
まさに小保方さんの研究にインスパイアされたものと言っても良いだろう。そして更に、理研によるSTAP再現実験を論文化した相澤論文では、STAP再現実験の制約の大きさを強調し、暗に「この検証方法では決着は付いていない」と世界の科学界に投げかけている。小保方さんの研究が復権する日も近いかも知れない。

 不正調査に関する議論の中で気づいたことがあったのでメモとして。

 CDB自己点検報告書には次のような記述がある。
『このころ、小保方氏は、若山氏の支援を受けてSTAP 細胞から胎盤形成に寄与する幹細胞を樹立する研究に取り組んだ。』

『若山氏は、小保方氏を理研の客員規程に従ってハーバード大学から受け入れたが、小保方氏はC.バカンティ研究室に籍があり、受入れの目的は技術支援であると認識していた。そのため、実験計画や結果の判断に深入りしない方針で共同研究を進め、批判的な観点からの議論や詳細なデータの確認を行わなかった。』


 この件については、反笹井色に染まった自己点検チームが若山氏の一方的な言い分を鵜呑みにしているために、STAP研究に対する若山氏の関与が低いような印象を与え、それにマスコミの同調があったために世論が偏った方向に誘導され、小保方さんに全責任を押し付ける形で若山氏の責任逃れに貢献したという指摘をしてきたのだが、議論の中で下記のような説明を受けて、これはもう少し掘り下げるべき問題ではないかと思うようになった。

http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1061121488.html
「383.A10
実験責任者で、自分の実験なら、これらは全部自分で行うと思います。

私ならそうします。

小保方氏は自分の部下ではないし、自分の実験パートで責任があるなら、自分か自分の部下にやらせます。

小保方氏は、ハーバード大の職員で、まだ理研の人間ではなかったですし、実験責任者が若山氏なら、若山氏のノウハウを他の組織の人に伝授する必要はありません(普通は教えません)から、若山氏が自分でやるはずなのですよ。』

 「あの日」には若山氏がSTAP研究に前のめりだった様子が描かれているが、P91.P92にはこういうことが書かれている。

『増殖が可能になったと報告された細胞培養に関しても、どうしても自分で確認がしたく、「培養を見せてください、手伝わせてください」と申し出たが、若山先生は「楽しいから」とおっしゃり一人で培養を続け、増えた状態になって初めて細胞を見せてくれた。』

『若山先生のところに来た研究員は皆、胚操作を若山先生から直接指導を受け技術を習得していた。しかし、私だけは胚操作を教えてもらうことはできなかった』

 「THE NEW YORKER」には、ハーバードの小島氏の話としてこの主張を裏付ける証言がある。
Obokata resisted working on the stem-cell line; she wanted to remain focussed on the research she had been doing. When Wakayama pressed her, she grew embittered. In Boston,Kojima heard her screaming while reading her e-mail. He recalls that sheshouted at the computer screen, “No! I don’t want to do it!” Kojima asked her what was going on. “Dr. Wakayama e-mailed me so many times,” she told him.“Like, ‘Did you do this assay? Did you do this experiment?’ Anything related tothe stem-cell line, he forces me to do. I don’t want to, because I don’t know how to make it. I tried. I couldn’t.”

(小保方は幹細胞系に取り組むことに抵抗した。彼女は自分がこれまでやってきた研究に集中したままでいたかった。若山の強要に彼女はうんざりした。ボストンでは、小島がEメールを通した彼女の叫びを聞いていた。『イヤ!私はやりたくない!』画面の中の彼女は叫んでいた。小島は何が起きているのか彼女に尋ねた。『若山博士は私に何度も何度もメールを寄越すの。』と彼女は言った。『「この分析は終わった?」「この実験はやったの?」って。彼が私に強要してくるのは、全部が幹細胞系のこと。私はやりたくない。私にはどうやればそれを作れるのか分からないから。私はやってみた。でも出来なかった。』)
 

 これはつまり、若山氏が単なる協力者・支援者であるかのような話はまったく事実と異なっており、自己点検報告書にある『実験計画や結果の判断に深入りしない方針』とは真っ赤な嘘で、レター部分の実験は最初から完全に若山氏が実験責任者として主導権を握っていたことを示している。そしてハーバードのポスドクだった小保方さんは、自分が再現性を確認できない実験をやらされていたというか手伝わされていた状態だったのではないか。若山氏はハーバードの研究を横取りするようなことを、客員研究員として来ていたポスドクを利用してやっていたということにならないか。道義的に相当あくどいことをやっていたのではないか。

 こういう疑問を持ったので、専門家の多く集まる「一研究者・教育者の意見」ブログで、専門家の人たちはこのことについてどう考えるかと質問したのだが、この見立てが間違っているとの否定も反論もなかったため、私はこれが当時の若山研究室の実態なのだろうと見ている。証言を総合すれば上記のような状態であったと推定されるわけだが、このように若山氏を強く非難することになるものは、事実として確実なものでなければ専門家としておいそれとは同意しづらい内容でもあるし、若山研の内情は想像の域を出るものではないためにノーリアクションだったのだろう。


 しかしいずれ、自己点検チームが事実認定を間違って不公正な調査が行われた証拠ともなるこの問題は、もしも裁判となった場合には重要な争点になることは間違いないだろう。

↑このページのトップヘ