『日本を代表する研究機関である理研で起きた前代未聞の研究不正の解明にあたり、理研内で真相と科学的真実の解明のため勇気ある行動をとっている研究者が複数名いることは、理研にとって大きな救いである。』

 これは、理研改革委員会提言の中にある理研有志に対する賛辞である。その「研究不正に立ち向かう勇気への称賛」の過剰さに私は違和感を禁じ得ない。その一方ではSTAP騒動と同時期に、岡山大学で研究不正の隠蔽問題が起きていて、中国地区の地域医療ネットワークの核となる「岡山大学で起きた研究不正の解明にあたり、真相と科学的真実の解明のための勇気ある行動をとった研究者」はふたりとも解雇された
 こちらの「研究不正に立ち向かう勇気」に対しては、岸改革委員会のメンバーから何か言うことはないのだろうか。

 ところで先日、中国ニュース配信サイトのレコードチャイナに、理研に在籍する中国人科学者を取材したこんな記事が出ていた。

「小保方晴子氏の事件が起きるまでは天国だった」=理研に勤める中国人学者が見た日本の研究環境
http://www.recordchina.co.jp/a154053.html
 新華社通信の取材を受けた凌楓氏は、その中でこういうコメントしている。
「任期制の研究員はプレッシャーがある。契約期間内に一定の研究成果を出せなかった場合、契約を更新してもらえないだけでなく、他の機関に再就職するのも難しくなる。そのため、目前の功利を急いで求める研究員も出てくる。昨年、世界の学術界を震撼させた小保方晴子の論文ねつ造事件も理研で発生した」

 この「目前の功利を急いで求める研究員」とは誰のことか、今ではSTAP問題に注目している大半の人が理解しているだろう。小保方さんは手記の中で『2012年3月になると私には、若山先生から若山研のメンバーをフルに使って急いで幹細胞株化の論文を仕上げるように指示が出された。』と証言している。また、若山氏は学生にSTAP幹細胞を使った別の研究論文の執筆を指示し『小保方さんの論文のインパクトを利用して、こんな簡単な内容でも一流雑誌に出せるのでは』ということを考えていたと言う。そしてこれは理研本来のあり方とは違っていたようだ。
『凌さんによると、野依良治・元理事長は、誰もやっていない研究をするように常に鼓舞し、自分が編み出した新しい研究の原点を基礎にそれを発展させていくようにと指示していた。理研は論文の数をむやみに追及することはなく、求めているのはクオリティの高い論文だ。最大で40〜50人が在籍するような研究室でも、1年に1つの論文も発表しないというケースもある。』

 このインタビューで凌氏は「小保方晴子氏の事件」と言っているが、実際には「理研若山研究室で起きた問題」であり、その若山研究室で起きた問題の責任を理研有志達から擦り付けられた笹井芳樹氏が自殺した事件である。「小保方晴子氏の論文捏造事件」と言った単純なものではない未解決の事件である。

 また、凌氏のコメントにはこういうのもあった。
 「近年、日本の学術研究の雰囲気は悪化している。小保方晴子氏の事件が起きるまでは、理研の研究環境は良好で、科学研究経費をいろんな所からもらえるなど、研究の面では『天国』のようだった。」


 結局STAP騒動は、笹井-小保方ラインの悪事と決めつけた理研有志の暴走が、自分達の首を絞めたということだ。当人たちは自分の正義を信じていたのだろうが、何のことはない、予算獲得に四苦八苦して自分の思うような研究も出来ない研究者達からの理研の恵まれた研究環境に対する嫉妬に煽られて踊らされていただけなのだ。日本分子生物学会の理事達から相次いだ声明にしろ、岸改革委員会の理研有志に対する過剰なまでの称賛にしたって、そういう大学の先生たちの理研に対する嫉妬の表れでしかない。

 その結末は「あの事件の影響は大きく、それまでの方針を変えないわけにはいかなくなった。あまりに独特な研究プロジェクトは審査を通りにくくなり、特に末端の研究員は、自分の研究を続けていけるかが分からない状態」となったのだ。これは理研有志の自業自得としか言いようがない。理研が日本中から嫉妬の攻撃に晒されている中で、CDB三銃士などと正義を気取って理研を内部崩壊させた戦犯として、歴史にその名は刻まれるだろう。