東京大学で匿名の告発により大量の論文不正が指摘され、大学側も本調査に入ったというニュースが流れたが、報道の仕方は基本的にはベタ記事扱いで、ネットの議論を見渡しても今のところあまり活発な議論は交わされていないようだ。マスコミのこうした状況に対して「DORAのブログ」では舌鋒鋭く批判し問題提起をしている。
「ビビるマスコミ」

 http://blogs.yahoo.co.jp/nx3262p0yz057j/15109792.html


 この報道は、マスコミ各社に届いた告発状と、東大広報からの記者発表を受けての報道になるが、DORA氏も批判するように各マスコミのスタンスは大人し過ぎるのではないだろうか。

 東大の記者発表にはこういう注意がある。

『なお、報道の取扱いに関しては、本調査の開始が被申立者の不正行為を認定するものではないことに留意いただき、被申立者の現在の研究活動への影響を含め、ご配慮いただきますようお願いいたします。』

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_280920_02_j.html
 大学の立場からマスコミへのこの要請はもっともなのだが、マスコミ側は大人しい犬のように東大の結果発表を待つのだろうか。STAP騒動の際にも、理研からはマスコミに対して同様のお願いはされていたはずだが、「マスコミの使命」とばかりにマスコミ各社は著者らに対して直接取材攻勢をかけ、それは渦中にある著者らの心神に支障を来すほどの激しいものだった。中でも毎日新聞の須田桃子記者などは「殺意を感じる」程のメール攻撃でスクープ報道に明け暮れ、それを纏めた本を出版し「大宅壮一ノンフィクション大賞」を受賞したことは記憶に新しい。

 今回明らかになった
不正問題は、医学・生科学分野における「学界の腐敗構造」を暴く不正告発である可能性が高く、「マスコミの使命」で言えばこの東大の不正問題こそが、日本の科学の信頼に関わる問題として、報道価値としてもSTAP以上に相当大きな問題の筈だが、今のところマスコミ各社の対応は至って静かである。大手マスコミでは、産経新聞だけが疑惑の当事者として門脇孝教授の実名を挙げ、ちょっとだけ突っ込んだ報道をしているが、朝日、毎日、読売は東大の広報そのまんまといった報道で、お上のお達しを待つ従順な犬といった感じだ。
 ただ、新聞社の姿勢としてはこういう情けない状態でも、記者個人レベルで言えば毎日新聞の須田桃子記者など2匹目のドジョウを狙ってスクープの取材を試みているかも知れない。しかし、須田記者がいくら張り切ったところで、STAPの時のようにリークの餌をホイホイくれる取材など出来る筈もないので、何のスクープも取れずに馬脚を現すことになるだろう。この事案はジャーナリストの真の実力が試されることになるのではないだろうか


 テレビニュースではNHKも報道していて、疑義の具体的内容にも触れたものになっている。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160921/k10010701041000.html

 しかし、取材先は『大学によりますと、告発について6人の教授はいずれもコメントはないと話しているということです。』のように、大学広報を通した取材で、専門家のコメントも取っていなければ、疑惑の当事者に直接に取材依頼もしていない様子。大学からのお願いを素直に聞く従順な犬のようだ。STAP騒動とのこの違いはいったい何なのか。


 STAP騒動では、華々しい記者発表で一夜にしてスターの座に祭り上げられた若き女性研究者の論文不正事件という、如何にも絵になる事件について、「不正を暴く」という大義名分を旗印にマスコミは狂ったように連日連夜の報道を繰り広げていた。しかしSTAP事件で狂ったように騒いだのはマスコミだけではない。

 日本分子生物学会は声明まで出して大騒ぎした。分子生物学会理事長の個人ブログ仙台通信を始めとして、ネット上では連日連夜の謎解きゲームが展開された。大隅典子氏を筆頭とした分子生物学会メンバーの行動は、マスコミに踊らされる「ネトウヨ」と何ら変わりないものだった。もし彼らがネトウヨではなく純粋に不正問題を憂慮しているというのなら「不正は許さん!」の姿勢は今回も同じでないとおかしい筈だが、小保方さんを叩いていた研究者たちの反応はそうではない。東大当局のお沙汰が出るまで待てと「おあずけ」されているかのように静かなのだ。


 STAP騒動で「不正は許さん!」と言って大騒ぎした中山敬一、大隅典子、近藤滋氏ら元分生理事達は、東大の不正問題には1ミリも触れずに全くの沈黙を続けている。STAPであれだけ正義を振りかざしていた研究者達も、東大の先生を怒らせたら自分たちの仕事にも支障が出てしまうとばかりに大人しくしているのか。「ガチ議論」などというサイトも今では匿名A氏の独り言に誰も付き合わなくなり、「捏造に怒りを!」なんて単なるパフォーマンスに過ぎなかったことも露呈した。「不正は許さん!」と言っていた人達の欺瞞には呆れるばかりだ。東京大学という権威の崩壊を防ぐために、このままウヤムヤに終わらせようとする圧力でもあるのではないかという妄想までも膨らんでしまう。


 結局、STAP騒動における日本分子生物学会理事長声明を初め大騒ぎした研究者たちの目的は、「不正は許さん!」ではなく、「理研の予算独り占めは許さん!」「目立つ小保方が許せん!」でしかなかったということなのだろう。そしてこれは岡山大学の問題に対する対応の差にも表れている。

「理研と岡山大学の問題の先にあるもの」
http://mitsuo.blog.jp/archives/1050154734.html